サーバーのデータ容量は制限がかかっている?!

無料サーバーの容量は50MB程度に抑えられている可能性

ホームページを無料で運用できるというサービスは昔から存在します。こうしたサービスは、ユーザーが運営するホームページにサービス元が広告を強制的に表示し、利益を得るというのがビジネスモデルになっています。
システム的には一台のサーバーを複数のユーザーで共有して使うという形になっているのが一般的です。当然、サーバーに搭載されている記憶装置の容量には上限があるため、サーバーにアップロードできるファイルの容量も制限が設けられています。では、一人のユーザーがアップロードできる容量はどれぐらいなのでしょうか。これはサービス元によってかなり差がありますが、少ないところであれば50MB程度、多いところなら1GB程度ということになるでしょう。

画像や動画を使わなければ50MBでも十分な規模のページになる

アップロードできるファイルの容量が50MBしかなくても、ホームページの運営は十分可能です。というのは、画像や複雑なスクリプトを使わない限り、ホームページはすべてテキストデータであり、1ページあたり10KB程度のHTMLファイルでも十分な情報を表示できるからです。 ただ、画像を何百枚もアップロードしたい、あるいは動画を表示したいという場合は、50MBだと足りなくなる可能性が高いです。そのため、もっと大きな容量を提供している無料レンタルサーバーを利用してホームページを運営するか、あるいは画像や動画は別の無料ネットサービス上にアップロードし、そこへリンクをはる形にするといった方法でしのぐといいでしょう。

ホームページ作成の見積もりは、制作会社によって金額が変わってきます。そのため複数社に依頼して、それぞれ個別の要素の金額を見比べることが重要です。

© Copyright Complete Guide for Beginners. All Rights Reserved.