帯域幅が無制限だからたくさんのアクセスがあっても困らない?!

帯域幅が狭いと一度にダウンロードできるデータ量が少ない

ホームページを運営するサーバーによっては、帯域幅が狭いことがあります。帯域幅とは簡単にいうと、一度にどれぐらいのデータを送受信できるのかという数値です。帯域幅が狭い場合、特定のホームページに10人が一斉にアクセスしてしまうと余裕がなくなってしまい、サーバーがエラーを起こしたり、あるいはホームページの表示速度が極端に低下してしまう可能性が高くなります。
たとえば、昼間にアクセスするとスムーズに見られるのに、午後10時、11時といった時間帯にアクセスすると、なかなか表示されないというホームページ、あるいはネットサービスを知っている人は少なくないでしょう。午後10時から11時という時間帯は、ネットにアクセスする人が非常に多くなるため、帯域幅の狭いサーバーで運営されているページではそういったことが起こるのです。

スムーズに閲覧できるようになれば広告収入の増加が期待できる

大きな会社が月額数千円で貸している有料サーバーの場合、帯域幅が広く、ネットユーザーが多くて混み合っている時間帯でも、表示速度が低下しない可能性が高いです。そのため、アクセス数が多く、人気のあるホームページは、こういったサーバーで運営した方がいいでしょう。
もちろん、帯域幅の広いサーバーを借りるのはその分費用がかかりますが、いつアクセスしても、また、大量のアクセスがあってもスムーズに表示されるホームページは、ページビューが増えて広告が頻繁に閲覧されたり、あるいはクリックされる機会が増えるので、広告収入の増加が期待できます。したがって、増えた収入をサーバー費用に回すことで経済的に無理のない運用が可能になるのです。

ホームページ作成の実績は重要でその後の効果に影響するからです。機能やデザイン面が両立されていることがポイントです。

© Copyright Complete Guide for Beginners. All Rights Reserved.